当ブログは原則として《予告編や公式サイトのあらすじ以上のネタバレをしない》がモットーです!

『プロジェクト・パワー』:5分間限定の能力者バトル!

Netflixオリジナル映画
引用元:Rotten Tomatoes
Netflixオリジナル映画
この記事は約7分で読めます。
マイちゃん
マイちゃん

こんにちは!マイです!

ひげマスター
ひげマスター

ハイどうも、ひげマスターです。

今回ご紹介するのはNetflixオリジナル映画

『プロジェクト・パワー』

超能力を身に付けた人間同士が戦う、いわゆる「能力者バトルもの」に分類される作品です。

題材からしてアメコミ原作っぽいですが、意外にも脚本はオリジナル。しかしなぜ手垢の付きまくったジャンルを今更オリジナルで作ったのでしょうか?果たしてNetflixの狙いとは...?

基本情報

原題:Project Power
製作国:アメリカ
公開年:2020年
ジャンル:アクション、SF
監督:アリエル・シュルマン、ヘンリー・ジュースト
出演:ジェイミー・フォックス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ドミニク・フィッシュバック、マシン・ガン・ケリー、ロドリゴ・サントロ、エイミー・ランデッカー
上映時間:111分

概要:『パラノーマル・アクティビティ』シリーズを手掛けたアリエル・シュルマン&ヘンリー・ジューストの監督コンビによるオリジナル能力者バトル映画。

あらすじ:アメリカ、ニューオーリンズの街で広がる謎のドラッグ「パワー」は、飲めば5分間だけ超能力を得られる新薬。その供給元を探る元兵士、能力者による犯罪を捜査する刑事、そしてドラッグの売人の少女が、事件の背後で暗躍する組織に立ち向かう。

ポイント&ストーリー

能力が使えるのは5分間だけ!

最初に書いてしまいますが、本作はあまり評価が高くありません。それもそのはず、能力者バトルものなんてアメコミや日本のマンガはもちろん、世界中の映画やドラマで散々映像化されていて、みんな見飽きてからです。

さすがに従来の作品と差別化されている部分もあり、能力が使えるのはドラッグを飲んでから5分間だけという設定になっています。その5分が経過すると普通の人間に戻りますが、ドラッグの一種なので過剰摂取には危険が伴うんですね。

例えばウルトラマンのように時間制限があったり、能力を発揮するのに何らかの制限が加わるスーパーヒーローも沢山いますが、本作ではドラッグを使えば誰でも超能力者になれるという部分に一定の新鮮味があります。

引用元:IMDb
マイちゃん
マイちゃん

一応ドラッグという社会問題を下敷きにしてはいますが、特にメッセージ性の強い作品ではないですね。

ひげマスター
ひげマスター

頭を空っぽにして観られる映画だね。

先が読めるからこそ面白い

繰り返しになりますが、本作のアクションは(能力に時間制限があることを除けば)どこかで見たようなものばかりです。

ストーリーも面白いんですけど、それも見覚えのある面白さと言うか、先の展開が読めてしまうんですね。

引用元:IMDb

ただ、この映画の素晴らしいところは先が読めるからこそ観客の期待に応えてくれるところです。

例えば主人公が「俺は本気で走るときしかこのスニーカーを履かないんだ」みたいなセリフを映画の前半で言ったとします。そう来れば観客は「後で主人公が”本気で走るとき”が来る」と期待しますよね?

そういう「前半で期待を煽って、後半で応える」みたいな、セオリー通りのストーリー展開のおかげで本当に気軽に楽しめる映画に仕上がっています。

マイちゃん
マイちゃん

趣向を凝らした映画が多いと、セオリー通りの映画が逆に新鮮に映ることってありますよね。

ひげマスター
ひげマスター

そういうのって映画に限らないのかもね。

キャスト&キャラクター

オスカー俳優なのに娯楽作品に出続けるジェイミー・フォックス

主人公アートを演じるジェイミー・フォックスは2004年のアカデミー賞において『Ray/レイ』で主演男優賞、『コラテラル』で助演男優賞のダブルノミネートを果たし、そのうち主演男優賞を受賞したオスカー俳優です。

オスカー俳優は演技力を求められる作品に出演することが多いですが、ジェイミーはアカデミー賞を受賞した後でも娯楽作品を中心に活躍しています。

高評価の作品もありますが、中には『ステルス』のような大赤字映画、『モンスター上司』のようなおバカコメディ、評価の低い『フッド・ザ・ビギニング』(しかもゴールデン・ラズベリー賞の最低助演男優賞にノミネート)など、作品に当たり外れのある俳優です。

引用元:IMDb

そんなジェイミー主演ということで、本作はハードルを上げ過ぎずに観た方がよいでしょう。

80年代アクション風の準主役

本作の準主役である刑事フランクは、性格やセリフ回しに80年代のアクション映画のようなベタさがあるキャラクターです。

独断専行したり、警部に反抗したり、カッコつけ方が少し古かったり...その辺りの既視感も本作に目新しさがない原因の一つかもしれませんが、映画ファンからするとどこか懐かしさも感じられます。

引用元:IMDb

演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットは『(500)日のサマー』『インセプション』などで知られる人気俳優ですが、大作からは少しハズした作品に出演することが多いです。

Netflixオリジナル映画は次の段階を目指している?

本作を鑑賞して筆者が感じたことは、Netflixは目玉となる独自の映画シリーズを打ち立てようとしているのではないかということです。

ウィル・スミス主演の『ブライト』は続編企画が進行中ですし、シャーリーズ・セロン主演『オールド・ガード』も続編を意識した作りになっていました(ただしこちらはアメコミ原作)。

潤沢な資金でオリジナル映画を量産し、賞レースにも絡むようになってきたNetflix。最大の目玉作品はドラマ『ストレンジャー・シングス』ですが、Netflixと聞いて誰もが思い浮かべる映画は未だありません。

能力者バトルものは有りふれているとはいえ、能力の数だけ新キャラが出せる、シリーズ化しやすいジャンルです。筆者の私見ではありますが、Netflixはオリジナル映画をただ作るのではなくシリーズ化を狙って作る段階に来ていて、本作はその試みの一つだったのではないかと思われます。

マイちゃん
マイちゃん

ヒット作が出揃えば「Netflixユニバース」が展開するかもしれませんね!

ひげマスター
ひげマスター

評価が今イチだから『プロジェクト・パワー2』は厳しそう。

2人の監督の次回作は日本の人気ゲームの映画化!

監督のアリエル・シュルマンとヘンリー・ジューストは人気ホラー『パラノーマル・アクティビティ』の3作目と4作目、サスペンス映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』などを手掛けた2人組です。

彼らの次回作はカプコンの人気アクションゲーム「ロックマン」の実写版で、その世界観からかなりの大作になると思われます。

本作でアクション演出を経験した彼らが日本の名作ゲームをどう実写化するのか?ゲームファンならずとも要注目です!

まとめ

『プロジェクト・パワー』管理人レビュー

REVIEW


能力者バトルという手垢の付いたジャンルにセオリー通りの脚本。MCUのおかげでヒーロー映画が格上げされた今、こういう単純なジャンル映画はかえって新鮮。魅力的な悪役さえいれば世間の評価も違ったはず。

オススメ度:★★★★

『プロジェクト・パワー』はこういう人にオススメ

RECOMMEND
  • 能力者バトルものが好き
  • ジェイミー・フォックス、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが好き
  • 単純明快な娯楽作品が観たい
  • 実写版「ロックマン」の前に監督の過去の作品を観ておきたい

レビューサイトでの評価

Rotten Tomatoes

批評家のスコアは60%、一般のスコアは47%と今イチな評価。

引用元:IMDb

IMDb

6.0/10で6点を中心に山なりのスコア分布。

引用元:IMDb
ひげマスター
ひげマスター

レビュー微妙だなぁ...個人的にはかなり面白かったんだけど。

予告編

ジェイミー・フォックス主演『プロジェクト・パワー』予告編 - Netflix

『プロジェクト・パワー』が観られる動画配信サービス

Netflix

本作はNetflixオリジナル作品につき、配信もNetflix限定です。

タイトルとURLをコピーしました