『エノーラ・ホームズの事件簿』:今度の主役はシャーロックの妹!

Netflixオリジナル映画
引用元:Netflix
Netflixオリジナル映画
この記事は約5分で読めます。

ハイどうも、ひげマスターです( ˙灬˙ )

今回ご紹介するのはNetflixオリジナル映画

『エノーラ・ホームズの事件簿』

これまで何度も映像化されている名探偵シャーロック・ホームズですが、今度の主役は妹のエノーラ・ホームズ!推理✕アクションの冒険活劇です!

基本情報

原題:Elona Holmes
製作国:イギリス
公開年:2020年
ジャンル:ミステリー、アクション
監督:ハリー・ブラッドビア
出演:ミリー・ボビー・ブラウン、ヘンリー・カヴィル、サム・クラフリン、ヘレナ・ボナム=カーター、ルイス・パートリッジ、バーン・ゴーマン
上映時間:123分

概要:名探偵シャーロック・ホームズの妹を主人公とした、アメリカの作家ナンシー・スプリンガーのヤングアダルト小説を映画化。本作はその第1巻「消えた公爵家の子息」がベースとなっている。

あらすじ:16歳の少女エノーラ・ホームズは母ユードリアと2人で暮らしていたが、ある日突然、ユードリアが姿を消す。2人の兄マイクロフトとシャーロックによって寄宿学校に入れられると悟ったエノーラは、母の行方を追って単身ロンドンに向かう。

ポイント&ストーリー

ガール・ミーツ・ボーイから始まる冒険

主人公エノーラの目的は行方不明の母親を探すことですが、その旅の途中で若き侯爵バジルウェザーと知り合います。彼は軍に入れられそうになり、実の家族から逃げる途中なのでした。

引用元:Netflix

しかし、単なる家出にしては状況が物騒です。首を突っ込まずにいられない性格のエノーラはバジルウェザーを助けますが、それはロンドン中が注目する大事件の幕開けでした。

果たして事件の真相とは?そして母を見つけることは出来るのか?エノーラの冒険が始まります!

ミリー・ボビー・ブラウンのキュートな魅力が炸裂!

本作は主人公エノーラが観客に向かって語りかけることで物語の理解を助ける手法をとっています。

よって主演のミリー・ボビー・ブラウンがカメラ目線で話したり、あるいは何も言わずに表情だけで訴えかけたりするのですが、その一つ一つがどれも魅力的!ピンチのときでも観客に余裕の笑顔を見せてくれます。

引用元:Netflix

ミリーはNetflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』で世界的人気を獲得しましたが、いわゆる名子役と言われた俳優の中でも、これほどまでに若くしてスターダムを駆け上がった人もそうそういないのでは?

本作ではそんな彼女のスター性をたっぷり見ることができます。エノーラ=ミリーの魅力がそのまま本作の魅力と言っても過言ではありません。

キャスト&キャラクター

ホームズ作品初?のファミリー要素

そもそもの原典であるアーサー・コナン・ドイル著の「シャーロック・ホームズ」シリーズには兄のマイクロフト以外の家族は登場しないそうです。妹エノーラと母ユードリアはナンシー・スプリンガーによって創造されたキャラクターということですね。

末っ子のエノーラはとにかく明るく前向きで元気いっぱいの主人公らしいキャラクター。母譲りの行動力と兄に負けない知力で物語を牽引します。

母のユードリアは学問や武術をマスターしていたり、怪しい会合を開いていたり、謎の多い人物として登場します。そして彼女の謎こそが物語の起点でもあります。

引用元:Netflix

長男のマイクロフトは官僚で、いかにも役人らしい頭の固い人物。父親が早世し、エノーラとは年が離れていることもあって、頑固親父的なキャラクターとして描かれています。

そして次男は言わずとしれた名探偵シャーロック。探偵よろしく自由で柔軟な発想の持ち主で、奔放なエノーラの言動にも理解を示します。

引用元:Netflix

本作で描かれるホームズ家の面々はそれぞれ個性的で、繰り返し映像化されてきたホームズ作品に新鮮味をもたらしてくれます。

新しいシャーロック・ホームズ像

名探偵シャーロック・ホームズを演じるのは『ジャスティス・リーグ』などのDCコミック作品でスーパーマンを演じているヘンリー・カヴィルです。

引用元:Netflix

これまで数々の名優が演じ、ヒーロー的な描かれ方が多かったシャーロック。本作が今までのホームズ作品と大きく違うのは、先述の通りホームズの家族が登場する点、そして物語が妹の視点で語られる点です。

天才的な推理力を持ちながらも兄妹間のトラブルはうまく解決できなかったり...そんな家族の一員としてのシャーロック・ホームズが見られるのも、本作のポイントです。

悪役はパシリムのあの人

エノーラとバジルウェザーを追い詰める謎の男はバーン・ゴーマンが演じています。『パシフィック・リム』のゴットリーブ博士役でコミカルな演技を披露していましたね。

引用元:Netflix

個人的にはパシリムのイメージが強かったんですけど、こんなに悪役がハマる俳優だったとは。冷たい表情が印象的でした。

続編について

今回映画化されたのは原作の第1巻。計6巻が出版されていますから、本作の評価や視聴数によっては続編製作の可能性は十分にありそうです。

まとめ

『エノーラ・ホームズの事件簿』管理人レビュー

REVIEW

単なるおてんば娘の冒険譚に終始せず、ちゃんとミステリー要素もあり、ストーリーにヒネりやメッセージ性もある。ファミリー向けの無難な内容だが、主演のミリー・ボビー・ブラウンが好きならこれ以上の作品はない。

オススメ度:★★★☆☆

『エノーラ・ホームズの事件簿』はこういう人にオススメ

RECOMMEND
  • 19世紀のロンドンの文化や街並みに興味がある
  • ミリー・ボビー・ブラウンが好き
  • 推理ものが好き
  • 今までと違うホームズ作品が観たい

レビューサイトでの評価

Rotten Tomatoes

批評家のスコア91%に対し、一般客は69%とまずまずの評価。

引用元:Rotten Tomatoes

IMDb

6.7/10で、7点が中心ながら、10点満点をつけるユーザーも。

引用元:IMDb

予告編

『エノーラ・ホームズの事件簿』予告編 - Netflix

『エノーラ・ホームズの事件簿』が観られる動画配信サービス

Netflix

本作はNetflixオリジナル作品につき、配信もNetflix限定です。

タイトルとURLをコピーしました